俳句の未来を考える「HAIKU+」(きごさい主催)、第2回は俳人の照井翠さんをお迎えして、11月23日(金・祭日)に神奈川近代文学館で開きます。照井さんは東日本大震災の被災者。眼前に拡がる極限状況と避難生活の中から俳句を詠み続けました。
講 師:照井 翠(てるい・みどり)さん
演 題:「俳句の虚実 東日本大震災を詠み続けて」
略 歴:俳人、高校教諭。
1962年 岩手県花巻市生まれ。現在、北上市在住。
1990年 加藤楸邨に師事。
2002年 第20回現代俳句新人賞受賞。
2013年 第5句集『龍宮』により第12回俳句四季大賞、第68回現代俳句協会賞特別賞受賞。
句集に、『針の峰』『水恋宮』『翡翠楼』『雪浄土』『龍宮』、共著に『鑑賞女性俳句の世界』加藤知世子論執筆。
俳誌「暖響」「草笛」同人。現代俳句協会会員。日本文藝家協会会員。

日 時:2018年11月23日(金・祭日)14:00〜16:15(13:45 開場)
・14:00~15:30 講演
・15:30~16:15 長谷川櫂との対談、質疑応答
会 場:神奈川近代文学館 中会議室(横浜市、港の見える丘公園)〒231-0862 横浜市中区山手町110(TEL045-622-6666)みなとみらい線「元町・中華街駅」6番出口から徒歩10分 http://www.kanabun.or.jp/guidance/access/
参加費:2,000円
申し込み:きごさいホームページの申し込み欄から、あるいはきごさい事務局に電話、ファクシミリでお申し込みください。(TEL&FAX 0256-64-8333)申込みなしの当日参加もできます。

*次回の参加予約を受け付けます。

お名前 (必須)

電話番号 (必須)

年齢

性別 (必須)
女性男性

メールアドレス (必須)

次回のHAIKU+参加します。参加をキャンセルします。