十月 モンブラン

 アルプス最高峰(4810m)のモンブラン、その名にちなんだ元のフランス菓子は「栗のモンブラン」だったらしいが、1930年初頭、日本でも創られ始め、今では全国的に定着。手ごろなサツマイモもわるくないが、やはり栗!最近では姿もいろいろ、とはいえ、山に見立てた形は不滅。長い歳月と各地のモンブランにまつわる話を積み上げれば、優に山の高さを越えるかもしれない。

向き合ひて思ひ出語らんモンブラン 越智淳子


九月 お月見団子


まんまるい、まんまるな・・このことば、発するだけで自然に笑みがこぼれてくる。まんまるい‥対象に既に愛らしさを感じているからだ。まんまるな十五夜月に、さらにまんまるな団子や衣被を供える人の心もまた、愛らしい。

お月見や団子見惚れるこどもたち  越智淳子