「HAIKU+」は、現在ご活躍中の俳人をお迎えしてお話を聞き、俳句の未来を考える催しです。
第3回「HAIKU+」の講師は俳人の髙柳克弘さん、

12月1日(日)に神奈川近代文学館で開催致します。
演題 : 〝軽み〟ならぬ〝重み〟の時代へ 
講 師:  髙柳克弘 (たかやなぎ かつひろ)

〈講師のひと言〉
芭蕉が晩年に辿りついたという〝軽み〟。現代俳人にも少なからぬ影響を与える〝軽み〟ですが、口当たりの良い言葉がもてはやされる現代には〝重み〟こそが意味を持つのではないでしょうか。〝重み〟は主題を持つことで生じると私は考えます。俳句において季語は必ず主題であるべきなのか。俳句で思想や観念を書くことはできないのか。俳句ならではの主題の表現法とは何であるのか。みなさんと一緒に考えてみたいです。

<講師プロフィール>  俳人、 俳句結社「鷹」編集長
1980年、静岡県浜松市生まれ。早稲田大学で堀切実のもと芭蕉を研究。俳句実作は藤田湘子に師事。 第19回俳句研究賞受賞。 句集に『未踏』(第1回田中裕明賞)、『寒林』。 評論集に『凛然たる青春』(第22回俳人協会評論新人賞)、『どれがほんと? 万太郎俳句の虚と実』、 『芭蕉の一句』、 『蕉門の一句』ほか。  2017年度、Eテレ「NHK俳句」選者。
11月10日から2月16日まで浜松文芸館で「ことごとく未踏 俳人・高柳克弘の世界展」 を開催。
*
日 時: 2019年12月1日(日)14:00?16:15(13:45 開場)
14:00~15:30 講演
15:30~16:15 藤英樹(きごさい編集長)との対談、質疑応答

会 場: 神奈川近代文学館 中会議室(横浜市、港の見える丘公園)
〒231-0862 横浜市中区山手町110
みなとみらい線「元町・中華街駅」6番出口から徒歩10分

http://www.kanabun.or.jp/guidance/access/

参加費:  2,000円 

きごさいホームページの申し込み欄から、あるいはきごさい事務局にファクシミリでお申し込みください。  FAX 0256-64-8333

*次回の参加予約を受け付けます。

お名前 (必須)

電話番号 (必須)

年齢

性別 (必須)
女性男性

メールアドレス (必須)

次回のHAIKU+参加します。参加をキャンセルします。