2月1日(土)のきごさい+は、ほっぺたに キス?!


第20回 きごさい+は、2020年2月1日(土)
いつもの神奈川近代文学館で開きます。
講師は東海大学国際学科教授 小貫大輔先生。
二十代に旅先のブラジルで出会ったボランティア活動を
きっかけに、国際協力を生涯の仕事とするようになった
という小貫先生。その行動力と情熱の元は?
きっと、ユニークで楽しいお話がお聞きできるでしょう。
演 題 : ほっぺたに キス。ブラジル オキシトシン
講 師 :  小貫 大輔 (おぬき だいすけ)
プロフィール : 東海大学国際学科教授。東京大学教育学研究科(健康教育)博士課程修了。ハワイ留学をへて、1988年にブラジルにわたる。サンパウロのスラムで、5年間にわたってエイズ予防活動に従事。その後、日本政府から専門家として7年間ブラジルに派遣され、助産師という職種を作るプロジェクトに参加。2006年に帰国して現職。

講師のひと言 : 「こんにちは」の挨拶はどこの文化にも存在する儀礼ですが、それをどんなジャスチャーをつけておこなうかというと千差万別です。私はブラジルに長く住んだので、「ほっぺたのキス」に慣れ親しみました。日本の大学で異文化理解の一環としてこれを教えようとすると、いつも教室中が湧きかえるほどの大騒ぎです。挨拶のジェスチャーは、それぞれの文化が最も大切にしている価値観をよく表しています。それがどんな方向を向いているのか、一緒に考えてみましょう。オキシトシンという現代のキ-ワードもご紹介します。

日 時: 2020年2月1日(土)13:30〜16:30 (13:10 開場)
13:30~14:30 講座
14:50 投句締切(当季雑詠5句)
14:50~16:30  句会

会 場: 神奈川近代文学館 中会議室  (横浜市、港の見える丘公園)
〒231-0862 横浜市中区山手町110 TEL045-622-6666
みなとみらい線「元町・中華街駅」6番出口から徒歩10分
http://www.kanabun.or.jp/guidance/access/

句 会:  当季雑詠5句(選者=小貫大輔、長谷川櫂)   句会の参加は自由です。

参加費:  きごさい正会員1,000円、非会員2,000円
参加申込み: きごさいホームページ申し込み欄から、あるいは電話、FAX、でお申し込みください。申込みなしの当日参加もできます。きごさい事務局 TEL&FAX 0256-64-8333

*次回の参加予約を受け付けます。

お名前 (必須)

電話番号 (必須)

年齢

性別 (必須)
女性男性

メールアドレス (必須)

講座と句会に参加します。参加をキャンセルします。