さまざまなジャンルから講師をお迎えして季節や文化に関わるお話をお聞きする「きごさい+」。
今回の講師は、総合地球環境学研究所 所長の安成哲三さん。

講演の後、句会もあります。(選者:安成哲三、長谷川櫂)
コロナ禍の状況を踏まえ、Zoomを使ったオンライン講演&句会となります。
Zoomは初めてという方も、パソコン、スマートフォン、タブレットを使用されていれば、比較的簡単に視聴できます。ただし事前に参加申し込みが必要です。詳細は下記の<申込み案内>をご覧ください。

演 題 : 俳句とアジアモンスーン気候、そして日本の風土

講 師:  安成 哲三(やすなり てつぞう)

<講師のひと言>
俳句にはなぜ季語が必要なのか。俳句に興味を持ちだしてから、私はこの問題を常に考えてきた。世界で最も短い詩といわれる俳句に、季語を必ず入れないといけないということの意味を、アジアモンスーンの気象学・気候学的研究を進めてきた者の視点から考えてみたい。 同時に、俳句を通して、日本人は人と自然の関係、あるいは風土をどのように感じ、考えてきたのか。環境学の視点からも考えてみたい。

<講師プロフィール>
気象学・気候学・地球環境学、特にアジアモンスーンの気候と風土の研究を進めている。京都大学、筑波大学、名古屋大学を経て、現在は総合地球環境学研究所所長、名古屋大学、筑波大学名誉教授。名古屋大学では地球環境学に関わる21世紀COEプログラムおよびグローバルCOEプログラムの拠点リーダーを務めた。国際プログラムFuture Earth科学委員、諮問委員。気候変動に関する政府間パネル(IPCC)にも携わっている。

日 時:2021年1月30日(土)14:00~16:15(13:45~ Zoomに入場開始)
14:00~15:15  講演 
15:15~15:30  句会:選句発表
15:30~16:15 長谷川櫂(きごさい代表)との対談、選評、質疑応答    
<申込み案内>
1. 参加申し込み受付 1/20(水)まで: 下の申込みフォームからお申込みください。自動確認メールが届きます。
2. 参加費:きごさい会員:1,000円  会員外:2,000円
振込先:ゆうちょ銀行 〇五九支店 当座 0059738 エヌピーオーホウジンキゴトサイジキノカイ
1/20(水)までにご入金をお願いします。
3.句会:当期雑詠5句  選者:安成哲三、長谷川櫂 
前日29日17時までに所定のフォームから投句、ただし句会の参加は自由です。
4.申込みと入金された方には、確認メールとは別に、句会の案内と講演会当日Zoomに入室するURLをメールでお送りします。かならずご確認ください。

〇 Zoom接続のテスト:
参加申し込みをした方でZoom接続に不安のある方は、
1/18(月)、時間は20:30~21:00に接続テストを行います。
テストご希望の方は以下のきごさいお問い合わせフォームからご連絡ください。
http://kigosai.main.jp/?page_id=28174
Zoomに慣れている方はテスト不要です。

今回はZoomを使ったオンライン講演会です。1/20までに参加申し込みをして、1/27にメール配信するZoom入室URLとご案内をご確認いただかないと、当日視聴できません。よろしくお願いいたします。

*参加予約を受け付けます。

    お名前 (必須)

    電話番号 (必須)

    性別 (必須)
    女性男性

    メールアドレス (必須)

    講座と句会に参加します。参加をキャンセルします。


    –>